ホーム >> 皮膚科で治療 >> 飲み薬の場合、お薬を飲む前と飲んでいる間は、血液検査を受けます

爪ネット

爪の水虫の治療は皮膚科で

「完治」を目指して、まずは専門家である皮膚科を受診しましょう

飲み薬の場合、お薬を飲む前と飲んでいる間は、血液検査を受けます

先生イラスト

爪白癬の治療には、正しい診断と治療の継続が肝心。だから安心して治療を続けられるように、飲み薬の場合には、お薬を飲み始める前はもちろん、飲んでいる間も定期的に血液検査を受けます。

爪白癬の飲み薬で考えられる副作用は胃の不快感、下痢、吐き気、腹痛など。まれに肝機能に影響がみられたり、貧血症状になる方もいます。
こうした望ましくない作用を早期に発見し防ぐために検査が行われますが、お薬を飲んでいる間は自分でも体調の変化に気を配り、「いつもと違う」と感じたら自己判断せずにお医者さんに相談してください。

血液検査を受けるイメージ

 

文字サイズの変更

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

皮膚科施設検索

皮膚科施設検索

爪の水虫(爪白癬)は、お近くの皮膚科専門医にご相談ください。

詳細はこちら

かかとのセルフケア

かかとにストッキングがひっかかって、頻繁に伝染!原因とセルフケアを紹介しています。

詳細はこちら

夏の水虫対策!その症状は

タイプ別水虫の特徴と治療についてご紹介しています。病気では無いと思われがちなその症状は、実は水虫かもしれません。きちんと治療に取り組んでみましょう。

詳細はこちら

水虫菌と薬の動画

水虫菌である白癬菌の成長の様子と薬を加えて菌が死滅する(破裂する)瞬間を撮影した動画をご覧いただけます。

詳細はこちら