ホーム >> 爪の水虫(白癬菌)ってどんな病気? >> 白癬菌は、切った爪の中で半年間も生き続けています

爪ネット

爪の水虫(爪白癬)ってどんな病気?

爪の水虫は白癬菌が原因の病気です

白癬菌は、切った爪の中で半年間も生き続けています

白癬菌は、爪を栄養にして生きているので、洗ったぐらいではビクともしません。バスマットやスリッパは格好の棲み家です。また切った爪にくっついて半年以上も生きていたという報告もあります。切った爪を新たな感染源にしないために、切る際には新聞紙をひいて飛び散らないようにするなどの対策をたてましょう。

これほど強い生命力を持つ白癬菌と戦うのですから、治療にも根気が必要となります。

切った爪の中でも生き続けるイメージ図

 

文字サイズの変更

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

皮膚科施設検索

皮膚科施設検索

爪の水虫(爪白癬)は、お近くの皮膚科専門医にご相談ください。

詳細はこちら

かかとのセルフケア

かかとにストッキングがひっかかって、頻繁に伝染!原因とセルフケアを紹介しています。

詳細はこちら

夏の水虫対策!その症状は

タイプ別水虫の特徴と治療についてご紹介しています。病気では無いと思われがちなその症状は、実は水虫かもしれません。きちんと治療に取り組んでみましょう。

詳細はこちら

水虫菌と薬の動画

水虫菌である白癬菌の成長の様子と薬を加えて菌が死滅する(破裂する)瞬間を撮影した動画をご覧いただけます。

詳細はこちら