ホーム >> 爪の水虫(白癬菌)ってどんな病気? >> 日本人の10人に1人が爪白癬です

爪ネット

爪の水虫(爪白癬)ってどんな病気?

爪の水虫は白癬菌が原因の病気です

日本人の10人に1人が爪白癬です

不潔にしているから爪白癬になるわけではありません。誰でもかかる可能性のあるごく一般的な感染症であり、爪の病気の中で最も多く見られる症状なのです。患者数は日本人の10人に1人1,200万人ともいわれ、特に60歳以上では4人に1人が爪白癬と報告されています。2004年だけでも約260万人が爪白癬を治療するために皮膚科を受診しています。

悩んでいるのはあなただけではありません。

Med.Mycol.J.Vol.52,77-95,2011

爪白癬感染率イメージ

 

文字サイズの変更

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

皮膚科施設検索

皮膚科施設検索

爪の水虫(爪白癬)は、お近くの皮膚科専門医にご相談ください。

詳細はこちら

かかとのセルフケア

かかとにストッキングがひっかかって、頻繁に伝染!原因とセルフケアを紹介しています。

詳細はこちら

夏の水虫対策!その症状は

タイプ別水虫の特徴と治療についてご紹介しています。病気では無いと思われがちなその症状は、実は水虫かもしれません。きちんと治療に取り組んでみましょう。

詳細はこちら

水虫菌と薬の動画

水虫菌である白癬菌の成長の様子と薬を加えて菌が死滅する(破裂する)瞬間を撮影した動画をご覧いただけます。

詳細はこちら