ホーム >> 爪の水虫(白癬菌)ってどんな病気? >> 爪白癬は、白癬菌という生きた水虫菌が爪の中で活発に繁殖している状態です

爪ネット

爪の水虫(爪白癬)ってどんな病気?

爪の水虫は白癬菌が原因の病気です

爪白癬は、白癬菌という生きた水虫菌が爪の中で活発に繁殖している状態です

白癬菌とは、いわゆる水虫の原因菌。白癬菌が足にいれば足白癬(水虫)で、爪の中に侵入すると爪白癬。この爪白癬は立派な感染症の一種で、爪の病気の中で多く見られます。

爪の中の生きた水虫菌(白癬菌)のイメージ図
先生イラスト

白癬菌というのはカビの一種で、私たちの皮膚を覆っている角層や爪、髪の毛などに住み着いて感染症を引き起こします。

ほかのカビと同様、高温多湿な環境が大好きで、一般に20~40度、60%以上の湿度を好みます。

肉眼で見ることはできませんが、顕微鏡で100倍ぐらいにするとよく見えます。

皮膚科で顕微鏡で確認

先生イラスト

白癬菌は皮膚の角層、爪、髪の毛などをつくっているケラチンというタンパク質を栄養にして生きており、この白癬菌が引き起こす病気の中で一番ポピュラーなものは足の水虫(足白癬)です。

女性イラスト

皮膚などについているケラチンを食べるのですか? ということは、足以外の場所にも感染症を引き起こすことがあるのでしょうか?

先生イラスト

足につくと水虫、爪に侵入すれば爪白癬(爪の水虫)。からだにつくと体部白癬(タムシ、ゼニタムシ)、頭につくと頭部白癬(シラクモ)、股につくと股部白癬(インキンタムシ)となります。

住み着く場所で病気の名前が変わります。

痛みやかゆみがなくても、爪が白く濁ったり、分厚くなったりしていたら爪の中に白癬菌が潜んで活発に繁殖しているかもしれません。

爪の写真で症状を確認

気になる症状があったら、早めに皮膚科を受診して下さい。

先生イラスト

爪の水虫を以前治療していた人はこちらをご覧ください。

詳しくはこちらをご覧ください

水虫菌(白癬菌)と薬の動画

水虫菌である白癬菌の成長の様子と薬を加えて菌が死滅する(破裂する)瞬間を撮影した動画をごらんいただけます。

市販のお薬で、爪の水虫に効能・効果の取れているものはありません。

治療の方法はこちらをご覧ください

文字サイズの変更

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

皮膚科施設検索

皮膚科施設検索

爪の水虫(爪白癬)は、お近くの皮膚科専門医にご相談ください。

詳細はこちら

かかとのセルフケア

かかとにストッキングがひっかかって、頻繁に伝染!原因とセルフケアを紹介しています。

詳細はこちら

夏の水虫対策!その症状は

タイプ別水虫の特徴と治療についてご紹介しています。病気では無いと思われがちなその症状は、実は水虫かもしれません。きちんと治療に取り組んでみましょう。

詳細はこちら

水虫菌と薬の動画

水虫菌である白癬菌の成長の様子と薬を加えて菌が死滅する(破裂する)瞬間を撮影した動画をご覧いただけます。

詳細はこちら